事業の概要 Activities

Nanotech CUPALはTIAと京都大学を育成の場とし、10の大学を若手研究者の主たる派遣元とする構成としています。その育成の取組みとしては以下の2つがあります。

◎新たな知の創成を牽引するプロフェッショナル
  Nanotech Research Professional(N.R.P.

◎イノベーションの創出に資するものづくりを担うプロフェッショナル
  Nanotech Innovation Professional (N.I.P.

組織概念図Organization Chart

N.R.P.はCUPAL事務局が中心となって公募により研究者を募り、採択された研究者には研究費を付与して、A機関において研究主宰者として活動していただくものです。また、N.I.P.はA機関の各施設において、若手研究者や博士課程後期の学生を主たる対象としてスキルアップやキャリアアップの研修の場を提供するものです。

ナノテクキャリアップアライアンス

事業の詳細や公募情報についてはNanotec CUPAL事務局のホームページをご覧下さい。 A機関のN.I.P.プログラムにおいてはCUPALアライアンス機関外の大学・研究機関や企業からの応募も基本的に受け付けています(但し補助はありません。有償となる場合があります。詳細は各機関にお問合せ下さい)