放射光分析初級/中級コース[2日間の講習会]

放射光を用いた分析は、物質の構造解析に威力を発揮し、材料や医療・バイオ等の先端的な研究開発には不可欠のものです。本コースはその放射光分析の代表的な手法であるX線吸収微細構造(XAFS)分析、X線回折、イメージング、小角散乱等の基本の習得を目指す初級/中級コースです。放射光分析の初級/中級者を対象とし、各回1つの手法をテーマとして取り上げ、講義と実技実習を行います。2日間のコースを基本としていますが、コロナ感染症対策として2020年度は、第3回コースをオンラインで2日間、第4回コースをオンサイトで1日で実施しました。2021年度も周囲状況を踏まえて日程と内容を決める考えです。
(補足:当初、2021年度の初級/中級コースに粉末X線回折を予定していましたが、装置入替等により実施が難しいとの理由から、量子ビーム利用に変更します)

募集人数 各ビームラインの受入可能人数
  各回の実施内容でご確認下さい
実施場所 KEKフォトンファクトリー
内容 【初級/中級コース 第5回】 (量子ビーム利用)
テーマ:数理科学的手法を用いた粉末回折データの解析
― 機械学習による自動解析・X線/中性子線によるマルチコントラスト解析 ―
日程(案):2022年2月1日、2日
オンライン開催

プログラム (12月17日更新)
  • 2021 年度 CUPAL事業による放射光・中性子分析初級/中級コース


  • 【初級/中級コース 第6回】  
    X線小角散乱を検討中です。
    受講料 無料。
    旅費補助は、大学院生を含む大学関係者、公的研究機関の受講者には補助が可能です。但し学部学生は対象外です。また、予算の限りがありますので、各回、先着順で受け付け、無くなり次第に補助は終了となります。

    【実施実績】

    CUPAL自主事業(2019年度~)
       第1回初級/中級コース 2019年度終了 X線小角散乱
       第2回初級/中級コース 2019年度終了 粉末X線回折
       第3回初級/中級コース 2020年度終了 XAFS
       第4回初級/中級コース 2020年度終了 X線イメージング


    NanotechCUPAL事業(2014年度~2018年度)
       第1回入門コース 平成26年度終了、実習:X線小角散乱による材料評価
       第2回入門コース 平成27年度終了、実習:粉末X線回折による結晶構造解析
       第3回入門コース 平成27年度終了、実習:X線吸収微細構造(XAFS)による材料構造解析
       第4回入門コース 平成28年度終了、実習:X線イメージングによる材料内部の構造評価
       第5回入門コース 平成29年度終了、実習:X線小角散乱
       第6回入門コース 平成29年度終了、実習:粉末X線回折
       第7回入門コース 平成30年度終了、実習:X線イメージング
       第8回入門コース 平成30年度終了、実習:XAFS
                    
    お問い合わせ・お申し込み先
    〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
    高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所
    Nanotech CUPAL KEK 事務局 
    E-mail: kek-cupal@pfiqst.kek.jp